Home>オススメ情報 >物流倉庫の特徴と種類│物流を委託した際の良い点や悪い点とは?

物流倉庫の特徴と種類│物流を委託した際の良い点や悪い点とは?

倉庫

物流倉庫について

物流倉庫とは企業が主に使用していて、生産者から消費者に食品や物品などが届くまでの過程を行う場所になります。その過程とは、商品などを貯蔵・保管しておくことやコンピューターのシステムで仕訳や配送・管理をすることです。また、この物流倉庫は、自社で所有していなくても使用可能になっています。なぜなら現在は、物流倉庫会社に商品や物品の貯蔵や配送・配送・管理を任せられることが出来るからです。自社で物流倉庫を所有すると、固定資産税などの税金を支払うことになり、倉庫を保つための費用や光熱費がかかります。その上、倉庫で働く従業員も雇わないといけないため、更に人件費もかかるようです。しかし、物流倉庫会社に商品や物品を預けると、自社で物流倉庫を維持するよりも時間がかからなくて費用もお安くなるでしょうね。

コンテナ

様々な種類がある物流倉庫

使用する用途により、物流倉庫には色んな種類があります。例えば、日用品や食品・電気機械などを保管しておくのに使用するのは普通倉庫になり、建屋型の倉庫になります。そして、外で保管しても大丈夫な自転車や木材などの物品は、野積倉庫で保管するようです。また、液体を入れるタンクや家畜に与えるエサを入れるサイロも物流倉庫の一つで、貯蔵槽倉庫と言います。他にも消防法などで決まっている危険物などを保管する危険品倉庫も物流倉庫です。どんなモノを保管するかにより、物流倉庫の設備や形は変わります。そのため、保管するモノを間違えると大変なことが起きることもあるので注意しましょう。

コンテナ

物流倉庫を委託するメリット&デメリット

物流倉庫は自社で維持するのではなく、物流倉庫会社などの他社に委託するといいと言われています。しかし、その際に自社で商品等が管理出来なくなります。それに、物流の技術が自社で活用出来なくなるとともに他社に請け負い料として支払うので、その費用もかかるでしょう。そんなデメリットがある物流の委託ですが、それらを上回るメリットが発生するようです。まず、物流倉庫会社に委託すると、商品管理に時間も人件費も掛かりません。それに、委託する会社は物流の専門会社なので、正確でスムーズに配送することが出来ます。その上、自社で取り扱っている商品を追加するのも簡単に出来るので、便利です。また、物流にかかっていた時間が無くなるため、今はやりのネットショップの運営が出来るようになり、より業務拡大が可能になってくることでしょう。

広告募集中