契約する際の注意点

貸倉庫を利用している企業は多いでしょう。けれど、貸倉庫を契約する際の方法が分からない所もあるようです。その契約方法について、紹介していきますので、参考にしてみてください。

貸倉庫の契約方法

貸倉庫を選ぶ

貸倉庫の所有している所に連絡して、希望条件に合った所があるか確認します。そして、良い場所が見つかったら、見積もりして値段を出しておきましょう。

契約書類に記入する

貸倉庫を選んだら、契約書類に記入していきます。場所によって、身分証明書のコピーを事前に提示しなくれはいけない所もあるようです。また、必要な書類が足りなかったり、他に必要な書類が出たりした場合、追加で書類を提出することもあるでしょう。

貸倉庫に荷物を入れる日を決める

無事貸倉庫の契約が完了したら、その場所に荷物を入れる日付を決めます。運送する場合は、運送業者などに予約をして、荷物を入れる日を決めるようにしましょう。

貸倉庫の代金を支払う

指定日までに、貸倉庫の代金を入金します。支払い方法は、口座振替やクレジット払いなどがあるので、払いやすい方法で支払うように。この支払いが確認出来た時に、貸倉庫に荷物を運び入れるようにしましょう。

貸倉庫に荷物を運ぶ

事前に決めた日に荷物を運び入れます。その為、荷物の整理を先にしておくと良いですよ。

貸倉庫選びのコツと種類│その契約方法も確認してみよう

倉庫

貸倉庫を選ぶ時に確認すること

企業は、様々な処分出来ない書類や色んな備品などが溢れてしまうことがあるでしょう。そんな場合は、貸倉庫を借りて収納しとくと良いですよ。ただし、貸倉庫を選ぶ際には、次のことに気を付けてください。まず、保管しなくてはいけない書類や備品が十分入る広さの倉庫を選ぶことです。せっかく貸倉庫を借りても入れたいモノが入らなかったら、もったいないのです。なので、入れるモノがどれくらいのスペースの倉庫だと入るか事前に確認してみましょう。そして、セキュリティがきっちりしているかということも重要です。例えば、重要なモノを貸倉庫に置いている時に、火事や窃盗などで紛失すると困ります。ですから、盗難保険や火災保険に入っている貸倉庫を選ぶようにしましょう。また、貸倉庫からモノを出し入れすることが多い場合は、地面と倉庫の隙間がない所を選ぶと便利ですよ。その場所だと、倉庫に入っているモノを取り出す時、取り出しやすく運びやすくなります。

倉庫

貸倉庫の型について

企業が多くなった書類や備品を置くのに重宝している貸倉庫。それには、3つの型があります。例えばビルドイン型は、室内にある貸倉庫のことです。フロアスペースを全部貸し出す所や一つの部屋ごとに貸し出す所があります。そこは、大量の荷物を収納できたり、荷物の出し入れがしやすくなっているようです。また、一つの建物全体や区切った一部屋を貸す倉庫型と言われる貸倉庫もあります。その場所は、ビルドイン型と同様に多くの荷物が入る上に物の出し入れがしやすいです。そして、コンテナを空き地などのに設置するコンテナ型。その中には、家電や衣類などが収納しやすくなっています。なので、企業以外の個人の方が使用することもあるようです。

広告募集中